Rotary 公益財団法人ロータリー日本財団

理事長ご挨拶

公益財団法人ロータリー日本財団理事長 千 玄室
公益財団法人ロータリー日本財団
理事長 千 玄室

公益財団法人ロータリー日本財団は、平成22(2010)年12月24日、内閣府より公益財団法人としての認定を受けました。以来、日本各地のロータリークラブの会員の皆様、ご関係各位のご支援に支えられ、10年の軌跡を残してまいりました。

私は、この度令和2年9月9日にオンラインにて開催致しました定時評議員会において、理事に再任されました。続いて開催致しました臨時理事会にて、理事長職の再任を要請され、受諾致しました。令和2年9月より2年間、引き続き理事長を務めさせて頂きます。

又、役員体制に変更がございました。先ず、評議員選定委員会の外部委員を2名から3名に増員致しました。次に、財団設立時より、多大なるご貢献を頂きました、評議員が任期満了にて退任されました。時代に合わせた柔軟でリスクに備えた組織の体制を作り上げることが出来たと考えております。今回、新たに参加して頂いた役員の皆様と共に、人々が健康で幸せに暮らせる社会の実現とその維持に寄与するべく、財団の運営を行ってまいりたいと存じます。
関係各位のさらなるご支援ご協力をお願い致します。

幸い、昨今の困難な状況の中でも、昨年度は19億円を超えるご寄付を頂く事が出来ました。これらを基に、奨学金事業を初め、理念を同じくする、国際ロータリーのロータリー財団の公益事業への支援も行っており、日本全国及び海外に約3万5千あるロータリークラブと120万人を超える会員が、様々な形で世界の平和と人々の生活をより良くするための活動を支援しております。志のある皆様のご意思を未来へと受け継ぐため、持続可能な世界を次世代へ繋げるため、これからも私たちは諦めることなく、活動を続けます。
どうぞ皆様の温かいご支援をよろしくお願い致します。

公益財団法人ロータリー日本財団
理事長 千 玄室